66歳男性の婚活アセリ行進曲

2011年8月ころ、Xさんより電話が来ました。

「何としても、結婚したい、あなたの結婚相談所は大丈夫かよ。」

私どもは、結婚相談所です。あなたと結婚なさる女性を紹介しているところではありません。これは、人身売買ですよ。

では、入会の方を進めましょう。

 

入会完了ですので、最初のプロフィールを送ります。

お見合い申込みをしてください。

 

3か月くらい経過したころ、

「お見合いがなかなか決まらない。どうしてだろう。」

お相手がOK,してくれないからですね。

 

大変だ。

それでは、どんどんお見合い申込みを出しますのでよろしく。

やはり、数が多くなりますと、それなりにお見合いが増えてきます。

 

3か月後、なかなか、結婚までいかないよ。

と言ってるとき、大阪から申込みが来た。

 

Xさんは喜びました。

良かった、良かった。

ところで、大阪から来てくれるのですね。

お相手から申込が来たので、東京まで、来てくれるのでしょうね。

Xさん、大阪から来てくれるのではなく、男性は主体ですのでこちらから行くのですよ。

また、方法としては、東京に来てくれますか、これが条件です。

と出る、方法も有るよ。

でもね、普通は、こちらから行くよ。

男性だからね。

 

「じゃ、解った。行くよ。大阪まで。」

「その代り、電話させて下さいよ。」

電話で、何を聞くのですか。{Xさんは、前にも例があり、自己中になり、相手が誰であろうと構わなくやりつくすところがあって、迷惑もしている。}ので。

 

Xさんは

「相手に聞くのは、一つだよ。おれの女として、合格であるかどうかを電話で確認を取り、OKであれば、新幹線で会いにいくよ。」

「その確認を取らせてくれ。」

 

ちょっと、待て!

Xさん、何をおっしゃいますか。

あなたの女として合格しているかどうかを電話で確認してから行くとは何事か。

あなたはまた、前にも例が有ったが、電話でまくし立てて、あなたの言う女の確認を取るのですか。

「何度も言いますが、あいての性格などをいろいろ確認するのに、お見合い~交際まで行って、何か月もかけて確認し合います。」

それでも、失敗しているケースも多くあります。

 

それを、あなたは、大阪までの電車賃がもったいないなら、先に電話できっちりおれの女かどうかを確認してから大阪へ行く。と言う事でしょう。

 

それは、最初から、無理だよ。

相手にとって、失礼なことだろうが、なんだろうが、あなたは、がんがん言うし、聞きまくる。

 

そして、それが電話で言っているのと違っていると、「詐欺だ、言いていることと現実が違うでは無いか、これは、詐欺だ、だからこそ、前もって電話しているのだ。」と相手の女の人を「詐欺だ」と怒鳴ることだ。

 

あなたに会う性格の人かどうかを、電話で確認できますか。

出来ると思っているあなたの性格が曲がっているぞ。

これは、許すことは出来ない。

 

相手の女性に、失敬な。

聞き分けがないなら、退会しても構いません。

「お相手に失礼になろうが、なんだろうが、構わない性格は許せない。」

と久々、怒った。

結構、この手の性格もいますね。

気を付けましょう。

 

 

 

 

ホーム

  「お見合い」大作戦パート1

  「お見合い」大作戦パート2

ネット会員

  「ネット会員料金」

親の代理面接 

会社概要

成婚までの流れ

ペナルテイ規定

  お見合いでの注意事項

  「交際」での注意事項 

料金システム

お見合の心得

婚活ニュース

おどろ木桃の木山椒の木

  ホームシテイ、だましの道

  生活保護男、46歳初婚の罰

この世に生まれて良かった

独立開業への道

婚活の作法

お問い合わせ

「婚活」 の寄り道

準会員の紹介