2代目社長の跡取り息子が欲しい親バカの叫ぶ婚活劇

2012年4月ころ、「Aさんより、息子の嫁さんが欲しいので相談したい。」

と電話あり、早速にお会いしました。

Aさんは横浜市の方でした。

 

Aさんは、1代で会社を立ち上げました。これからは、2代目に任せようと20年かかって指導した。仕事は大丈夫です。問題は、3代目が出来ない事です。

これまで、2代目は2回結婚したが子供が出来ない嫁さんで困り果てて2回とも離婚した。

 

「これからは、責任を持って会長の私が見つけて何としても3代目を継がせたいのだ。協力してくれ。」

「結婚の条件は、子供が出来ることだ。」

会長より

・2代目は、44歳ですので、お嫁さんの年齢は、25歳~38歳までですね。

・子供が出来ることから、子持ちの方を選択してください。

・地域は全国版でOKです。 

の3つを条件に選ぶこととなった。

 

それと、嫁さん選びは、会長がすべて行います。

面接から、お見合いから、お金のこともすべて、会長が行います。

したがって、話の窓口は、会長を一本にすることです。

よろしいですね。

したがって、これまでも、これからも、2代目には私はお会いしていないのだ。

それで、会長がお嫁さんを見つけたら、「2代目よこれでよろしく。頑張れよ。」と言うことだそうです。

まいったね。

これで、よろしいのですかね。

 

さあ・・・、ハリキッテ頑張ろう。

 

ここで問題は、子供を作ることを条件にすることです。

結婚相談所としては、初めてのケースです。

 

これまでに、2か月で全国からのプロフィールを集めて67名紹介しました。

しかし、未だに、女性の返事は無い。

厳しい毎日を過ごしています。

 

結婚の条件として、子供が出来るかどうかの病院の診察が必要ですね。

私は引き受けた以上、病院の診察は、条件としています。

「子供が出来る体です。」と言う医者の診断書を提出する事です。

これは、可能です。

これで、会長も満足でしょう。

診断書を持っても万が一に、子供が出来ないときは、その時よ。

では、明日に向かって、頑張ります。

 

 

 

ホーム

  「お見合い」大作戦パート1

  「お見合い」大作戦パート2

ネット会員

  「ネット会員料金」

親の代理面接 

会社概要

成婚までの流れ

ペナルテイ規定

  お見合いでの注意事項

  「交際」での注意事項 

料金システム

お見合の心得

婚活ニュース

おどろ木桃の木山椒の木

  ホームシテイ、だましの道

  生活保護男、46歳初婚の罰

この世に生まれて良かった

独立開業への道

婚活の作法

お問い合わせ

「婚活」 の寄り道

準会員の紹介